【7つの習慣】読書感想文|実践方法について考えてみた

読書
こんにちは。
今回は、7つの習慣について紹介します。要約などは、YouTubeなどで上がっていますので、感想と実践について紹介できればと思います。
この本をおすすめしたい人
現在、軌道に乗らなく停滞している方や、現状から抜け出したい方に、読むべき書籍だと思います。事実、私も今の働き方から抜け出し、新たな世界を見たいと思い、この本を読むことにしました。

本の概要

7つの習慣とはスティーブン・R・コヴィー博士によって書かれたビジネス書・成功哲学書です。著者は、アメリカの建国から200年の間に出版されたあらゆる「成功」に関する文献を研究し、行動習慣を導き出しました。そして全世界で出版されており、なんと初版は1989年になります。それが今尚、様々な人に読まれ、影響を与えています。
この本を読み実践し身に付けることで、すぐれた人格を養成(人格主義)し、他人や環境を変化させ成功へと導きます。
本で紹介されている7つの習慣は、以下の通りです。

第1の習慣:主体的である
第2の習慣:終わりを思い描くことから始める
第3の習慣:再優先事項を優先する
第4の習慣:Win-Winを考える
第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される
第6の習慣:シナジーを創り出す
第7の習慣:刃を研ぐ

【要点】
7つの習慣は、以下のステップに分かれ、Step1,Step2,Step3のサイクルを回すことが重要。そして、人間の4つの側面(肉体、精神、知性、社会・情緒)をバランス良く磨き上げよ、というものです。

Step1. 依存状態から自立への私的成功へのプロセス(第1,第2,第3の習慣)
Step2. 2人以上の人間と協力することで、より高い影響を目指す(公的成功)。(第4,第5,第6の習慣)
Step3. 自分を磨け(第7の習慣)

感想

 紹介されている7つの習慣は、どれも本質を突くものであり、特別な習慣って訳ではないですが、習慣化させることは難しい印象でした。しかし成功というものは、誰しもが成し遂げるものではないので、難しいのは当たり前ですね。それでも、7つの習慣を身につけることで、新しい世界への希望が出てくるものでした。
 特に、Step1の段階を着実に身に付けることで、成長の幅は大きくなると思いました。そして今、自分に一番足りていない部分は、ミッション・ステートメント(自分のゴール)がぶれていると感じました。なぜなら、何か始めようと思って行動はするものの、道半ばで続かないことが多いためです。スタートすることも大事だけど、ゴールを定めることが重要ということが分かりました。

どのように実践していくか

まずはスモールスタートを切っていこうと思います。(7つの習慣を一気に身に付けることは、挫折しそうなので・・)少しづつ芽を出す準備をして、花を咲かせたいと思います。同じように何から始めたら良いいのか分からない人に、参考になれば嬉しいです。
実践しようと思うことは、以下の3点です。
➀ 自分なりの目標・目的を考える。(毎日15分)
② ①の目標・目的のために、どれだけ1日に作業・行動に移すことができたかを記録する。
③ 作業するときは、第3の習慣で紹介されていたマトリックス(重要度×緊急度)を意識する。
➀ 自分なりの目標・目的を考える。(毎日15分)
自分が進みたいゴールを把握することが重要だと思い、①の行動を考えました。1日そこらで自分の進むべき向き先が決まらないかつ、自分と向き合う時間を設けることを習慣化させることが狙いです。
② ①の目標・目的のために、どれだけ1日に作業・行動に移すことができたかを記録する。
①では机上の空想になってしまうので、ゴールに向かってどこまでコミットしているか記録することが必要だと思い、②を考えました。さらには、記録することを習慣化することで、ブログなどのネタになればと思っています。
③ 作業するときは、第3の習慣で紹介されていたマトリックス(重要度×緊急度)を意識する。
第2領域の作業を優先的に行うために、作業する時に意識することで、第1領域の作業に追われていないかを把握することが目的です。
第3の習慣で紹介されているマトリックス

まとめ

7つの習慣では、成功するための小手先の技術ではなく、本質的な事柄について説明がされています。そのため、即効性はないにしても、5年後10年後に実るものになります。遠回りになるかもしれないですが、土台を固めることで、応用がいくらでも効き、破壊力が大きくなると思います。まだまだ足りない要素が自分には多いですが、自分なりの形に合わせて少しずつ実践していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami